読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ5年生なので右も左もわからない新卒のころの自分にアドバイスする

こんにちはmoretです。
はてなスタッフ歴5年目で、いまはディレクターをやっています。
この記事は「はてなディレクターアドベントカレンダー」の1日目の記事として書かれました。

「新卒あがりのディレクターとしてよろしく」という具合にトップバッターを拝命しました。せっかくなので経験の浅いディレクターやプランナーにとって参考になることを書きたいなと思い、いまの僕がもし当時の自分にアドバイスするなら最初にどういうことを話すだろうというのを考えてみました。

プランナーとしてのバリューにこだわらない

はてなではディレクターを中心として1つの開発チーム内にエンジニア、デザイナー、プランナーなど複数職種のメンバーが在籍しています。それぞれの職種が自分の専門性を発揮しお互いに依存しながら手分けして開発を行います。この中でプランナーは作るべき機能や施策の検討を主に担当します。当然プランナーも自分の専門性を発揮したいのですが、新しい機能の企画や仕様の策定といったタスクは他の職種との交換可能性が高く、一見するとWeb開発の経験があれば誰でも取り組みやすい職務になっています。開発の経験が浅ければその代替性はより顕著で、最初のころはエンジニアやデザイナーが仕様を考えた方がこなれていることも多々あります。
プランナーとして入社したからにはおもしろいものを作りたいという矜持があるのだけど、最初にそこにこだわってしまうとあまり良くないなと思っていて、おもしろいアイデアだったとしても開発コストが結構かかってしまったり(最初はコスト感とかもあまりない)、案外成果がでなかったり(おもしろドリブンになってる)する。
最初は「わかりやすい成果が出る」ことにフォーカスするべき。成果とは何か、そのサービスはどういう課題をもっているか、その辺を考える癖を身につけられると良い基礎となると思います。「これ普通にやったらええやん」というのがいくつも見えてくるとファーストステップクリアという感じがする。あとはそれを爆速でやる、爆速でやるときに自分なりの、プランナーとしての味付けをしてみると良いです。仕様の考え方とかは他の職種の人に一日の長があると思うので最初は教えてもらいながらが良さそう。本とかもたくさん出ているのでやりながら勉強していくと良い。わかりやすい成果が出てくると他のメンバーと信頼関係が作りやすくなります。

コラボレーションする

コラボレーションというのは流れ作業をやめる、くらいに読み替えると良さそうです。プランナーが仕様をきめて、エンジニアが開発したものにデザイナーが格好よいグラフィックをあてる、みたいな順序でやると最初のアイデアから尻すぼみしかしない。もしくは大きな手戻りをつくってしまう。最初からみんなでやろう。単にみんなでやるみたいなのはいたずらに雑談時間が増えたりして上手くいかないのでいろいろコツがあります。
「ユーザーは○○したくてこの機能を使うのだけど、実は○○するときに使いづらいよね」このように具体的な課題意識があると他のメンバーと論点をブレさせずに会話することができます。プランナー(ディレクター)の役割としていちばん重要なことは、アイデアを出すことでも仕様をつくることでもなく、上の様にフォーカスする課題を特定することだと思っています。これは自分ひとりでは出てこなかったアイデアや機能が効率的に生まれるスタート地点となります。信頼関係があるからこそできる手法だとも思う。うまくいくと楽しい。

サービスについて一番考える

あまり説明の必要がなくて、そうですよねという感じだと思う。サービスを愛して四六時中そのことを考えていますか。

郷に従う

Webサービスの開発、それに従事したことがなければかなり特異な環境なのではないかと思っています。開発メンバーの人数比からみてもエンジニアが大半を占めるためこれまでエンジニアカルチャーに身を置いたことがなければある程度は面食らうことがありそう。チャットでしか会話しないとか、フェースブックの登録名で呼び合わないとかいろいろ。まず慣れよう、はやく順応しよう、わからないことがあれば気にせず訊いていこうという感じだと思う。会話が少ない職場にみえても優しいエンジニアは多いので。
スクラムがどうとかリーン開発がどうとかそういう方法論は早めにどういうルールなのかを把握できると良いです。ルールを知ってないとその中で自由に振る舞うことができない。関連した書籍も山のようにあるのでシュッと読むと良さそう。

最後に、たくさん失敗すること、インターネットを愛でること

ざっと挙げると4つくらい観点があった。例えばいまのチームに新卒のプランナーがjoinしたとすると半年くらいはこういうことを言いつづける思う。プランナー、ディレクターというのは失敗の職種という面が大きいのでたくさん失敗できるとその分成長しやすいだろうなと思います。「おまえが考えた機能、つくるの大変だったけど成果出てへんやんけ」そう言わず長い目で若手プランナーの成長をサポートしてくれるエンジニアやデザイナーに面倒見てもらいつつ、たくさん失敗できると良いですね。いままで僕がかけた迷惑を振りかえりつつそう思うのでした。

プランナーとして入社したからにはおもしろいものを作りたいという矜持があるのだけど、最初にそこにこだわってしまうとあまり良くないなと思っています。

最初にこういうことを書いたけれど、この仕事に就く以上やっぱりスタート地点は「おもしろいものを作りたい」「インターネットをもっと良いものにしたい」という部分が大きいと思う。個人の思想とか思い込みが環境を大きく変えていくと思っている。だからやってみたいことや作りたいものをどんどん口に出していってたくさん会話をすると良いと思います。信じるものを作りましょう。

こちらからは以上です。
明日はアドベントカレンダー2日目。 id:yashigani_w さんの記事をお楽しみに。

【PR】はてなのディレクター業務について関心を持たれた方はこちらをどうぞ!
hatenacorp.jp

網戸をあたらしくしました。

扇風機を引っぱりだして、半ズボンをはいて、窓を開けようとしたら網戸がやぶれていた。嘘。去年からやぶれていたのを知っていたので窓を開けようとも思っていなかった。

あっという間に夏になってしまった。今年は生活をあたらしくしたくて、少しずつ変えてきたのだけどもう半分経ってしまった。進捗どうですか。ちるさんに「moretはしばらく時間つぶすとよさそうだね」と言われて、それについてずっと考えていた。時間のつぶし方が下手だなと思う。うまい人はどうしているのでしょう。時間ってなんなのか。進捗は今のところ父親に茶髪やんと言われたくらいでしょうか。それとコーヒーを飲まなくなった。

網戸があたらしくなって網目が細かくなりました。帰宅したら窓を開けてもわっとした空気を外に出す。最近熱帯夜が続いてるけど、いくらか寝やすくなったような気がする。エアコンは使ってない、無精すぎてどれくらい掃除していないか考えたくないな。掃除しようにも本棚のうえに重なった防壁で届かないのです。がんばろう。目覚めるとその日の天気が分かるようになった。網目が細かいと外の景色がはっきり見える。青空と枝と葉。朝から晴れた空を見ると健康な気持ちになれて良い。

変な日焼けをしてしまって、からだの前面だけ赤くなっている。もう半分もいい感じにしよう。夏もこれから。あんまり日記書こうとならないのだけど今朝は起きてすぐいい文章を読んでしまいそれにあてられてしまった。駅ですっぴんのギャルとすれ違って現実にもどる。

 

はてなgoraku部活動の紹介

この記事ははてなスタッフアドベントカレンダー2015の7日目の記事です。

こんにちは、はてなディレクターのid:moretです。
はてなには登山部や映画部などいくつかの部活動がありますが、今日は僕も参加しているgoraku部の話をします。

goraku部とは

goraku部はボードゲーム好きのスタッフがあつまって金曜夜にゲームに興じる部活動です。社内チャットの#gorakuチャンネルでは金曜日になるとだれとなく「機運」と呼びかけてボードゲームのメンツを募る人があらわれます。
f:id:moret:20151207114330p:plain
と言った感じであつまった人数やメンバーの希望に応じてその日にやるゲームを決めます。ボードゲームと言っても将棋やオセロといった1対1のものはあまりやらず、数人〜10人弱などあつまったメンバーがなるべく全員参加できるものをやることが多いです。下の写真はその一幕です。

島開拓ゲームの「カタン」をプレイ
f:id:moret:20151207133009p:plain:h400

シンプルで誰でも楽しめるゲームを!

goraku部のメンバーはボードゲームが好きなので、複雑で戦略性の高いゲームもプレイします。
ですが社内でボードゲームをやっているとわいわい感につられて人が集まってくるので、こうした人にも楽しんでもらおうと、ルールがシンプルで初心者でも楽しめるゲームをプレイすることが多いです。(ルールが複雑なものは説明に30分かかることもあり、プレイ時間を合わせると数時間かかることも。)
シンプルでとっつきやすいゲームのなかでもニムトやゲシェンクはおすすめです。簡単にプレイできてお値段も手頃なので年末年始にご実家でプレイするのはどうでしょうか。(なんと人数調整まで利くので言うことなしですね!)

それぞれ簡単に説明します。

ニムト

ニムトは病気の牛をおしつけあう、トランプの7ならべのようなゲームです。戦略性があって、どうやって競争相手に牛をおしつけようか考えるのは楽しいですが、運要素もつよく誰にでもかつチャンスがあるのが特徴です。

【遊びかた】(1)手札から全員いっせいにカードを出し、そろったら表にします。(2)出したカードの小さい順に、テーブルに並べられた4列に規則に従って並べます。 この時に出したカードが、いずれかの列の6番目になったら その前の5枚を引き取らなければなりません。 これは手札に入れず、失点になります。(3)どうしたら、6番目にならないカードを選べるか。 実は全員が自分が出したカードが6番目になるのではないかと恐れているのです。

Amazon.co.jp | Amigo ニムト | おもちゃ 通販
ゲシェンク

ゲシェンクもニムトと少しにてマイナス点となる数字の書かれたカードを取らないようにするゲームです。ニムトと異なるところはチップが存在している点で、チップを支払うことでそのカードを隣のひとへパスすることができます。大きい数字が自分に回ってきたときにチップがなくなっていると...アクシデントは他のプレイヤーに大ウケするので<おいしい>と思って我慢しましょう。

プレーヤーは、ゲーム開始時にはチップを同じ枚数持っているだけです。
 カードには数字が描かれているだけですが、すべての数字があるわけではありません。何枚かのカードを抜きます。
 まず、カードの裏向きの山にし、そこから1枚表にします。手番プレーヤーは、表になったカードを引き取るかどうかを判断します。引き取ったカードはその数字がマイナスポイントです。引き取るのがいやな場合は、チップを1枚出して次の人の手番になります。チップは1枚プラス1ポイントです。カードを引き取ると決めた場合は、そこに置かれたチップも一緒に取ることができます。しかし、そのまま次のカードを表にして、そのカードを引き取るかどうかの判断をせねばなりません。
 なお、連続する数字のカードでの失点は、一番小さいカードのものだけになります。例えば21・22・23と持っている場合は、この3枚で失点は21ポイントになります。

ゲシェンク

その他よくプレイするゲーム

今回は紹介できませんでしたがこちらのゲームも頻繁にプレイしています。とくにバルバロッサはそれぞれのプレイヤーが粘土で作ったオブジェが「何のオブジェ」か当てるゲームで、思わずツッコミたくなる<とんでも造形>が飛び出してくるのでとても楽しいです。

  • カタン
  • バルバロッサ
  • 枯山水
  • お邪魔者
  • コヨーテ
  • ラミーキューブなど

バルバロッサの一幕(右上の黄緑色の物体はたしか絆創膏だった気がする...)
f:id:moret:20151207141115p:plain:h400

【PR】はてなに入社してgoraku部に入ろう!

株式会社はてなでは「インターネットで生活を楽しく豊かにしたい」スタッフを募集中です。
入社の暁にはぜひgoraku部でボードゲームを楽しみましょう!詳細は採用ページをご覧ください。hatenacorp.jp

告知

明日はid:yulily100さんです。お楽しみに!